振袖での車の乗り方をわかりやすく画像で解説【必見】女子力UP|ふりそでchouchou

振袖の探し方

レンタル振袖の探し方や

サイトの使い方について詳しく解説!


髪飾りセール

髪飾りセール開催中!

 

衣裳選びでお困りのこと、お悩みなどどんなことでも相談できるメールツール。プロがしっかりアドバイスします。

着付けに必要な21点のアイテムが付属してるから安心!

正統派・個性派・・・振袖にピッタリの最旬ヘアアレンジ&髪飾りを公開♪

便利な共有機能で離れて暮らしているご家族やお友達に振袖を見立ててもらうことができるよ♪

開封レポート

レンタル振袖がどんな風に届くのか事前に見れるので安心♪衣裳ケースを開けてみよう。



着物のたたみ方
着物初心者さんでも安心。振袖のたたみ方やケースへのしまい方などを写真で解説。

 


足袋の履き方

足袋を履くのも初めてという方はチェックしてね。

 

 

 

 

Instagram

スタッフブログ

振袖での車の乗り方をわかりやすく画像で解説【必見】女子力UP


《振袖での車の乗り方をわかりやすく画像で解説【必見】女子力UP》

これからの季節、結婚式や、成人式そして写真撮りなどで振袖を着て車に乗ってお出かけされることがあると思います。
そんな時にぜひ覚えておきたい車の乗り方や注意するポイントなどをご紹介いたします♪



実は、車の乗り降り時が振袖初心者さんが一番着崩れを起こしやすいシーンなんです。
乗り方をマスターして女子力UP♡見た目も美しい一つ上の着物美人になりましょう。




【車の乗り方】


振袖での車の乗り方1

1.両方の袖を写真のように合わせて持ちます。

乗り込む時は太ももあたりで押さえて持ち、風などで袖が暴れないようにしましょう。

(車は出来れば洗車をしておきましょう。車の汚れが着物につくことも多いので注意!)





振袖での車の乗り方2

2.ドアの横に立ち背を向けます。
着物の場合、足(股)を大きく広げることは出来ませんし、

着くずれの大きな原因にもなりますので、

ワンBOXなど座席の位置が高めの車の場合は、

踏み台ステップを準備しておきましょう。

慣れないうちは出来れば一人で乗り込むのではなくご家族やどなたかにサポートしていただきましょう。





振袖での車の乗り方3

3.腰をかがめ、ゆっくりと腰から乗り込みます。

座席にはいきなり奥の方に座らず、初めは浅めにおしりを乗せましょう。

(※どんな着物でもおしりから乗ることがポイントです!)





振袖での車の乗り方4

4.座席に座ったらその位置で体を回転させ、最後に足を入れ込みましょう。

ここでも両足(股)を広げないように少しづつ回転してね。




振袖での車の乗り方5

5.きれいに座れました♪

袖が乱れることがありますので、車のドアはできればどなたかに閉めてもらいましょう。





振袖での車の乗り方6

6.着くずれを起こさないためには、車内での座り方もとっても重要。

背もたれにはもたれないで背筋をまっすぐにキープ!。
ちょっとつらいかもしれませんが、せっかくきれいに仕上げた飾り帯がつぶれては台無しですからね。
ガマン、ガマン



車から降りる時は1~5の動作を逆にして降ります。




ダメパターンはこちら

振袖での車の乗り方7

7.これはやってはいけません(*_*; NGです。

乗り込む時に足(股)を大きく広げ、頭から入って行っては見た目にも美しいものではありませんね。

袖の裾もだらりと下がったままでは汚れが付きそうでヒヤヒヤものです。





ここでおススメポイント!
後部座席に乗った場合、移動中は前の座席の背もたれに手を置いて揺れを防ぐのが一般的ですが、

どうしても前かがみになってしまいがちで、帯やおはしょり部分にシワがつきやすく注意が必要です。



振袖での車の乗り方8

こんなときに知っておくと便利なのがこちらのタオル。



普通のフェイスタオルを一本、前の背もたれにかけて手元に回すだけ。
これを両手で握っていれば姿勢もきれいにキープできますし、ある程度の揺れには耐えられると思いますよ。

ぜひ試してみて下さいね。



以上が車でのポイントです。

これはほんの一例ですがこれをおさえておけば女子力UP間違いなし!着物美人間違いなし!

また、これは振袖以外のお着物でも通じることですのでぜひ参考にしてみて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございました。

















 

お問い合わせ