振袖の着付けの手順1 振袖レンタルのふりそでchouchou

イメージで探す

  • スイートガーリー
  • クール・グラマラス
  • ジャパントラッド
  • レトロモダン

カラーで探す

  • 赤・エンジ
  • 青・水色
  • ピンク
  • 白
  • 黒・グレー
  • 緑
  • 黄・クリーム
  • 紫
  • 茶
  • その他

    サイズで探す

    S (145~150cm)

    小柄な方にお勧め

    (145cm ~ 150cm位)

    M (150~158cm)

    一般的な方にお勧め

    (150cm ~ 158cm位)

    L (158~162cm)

    やや身長の高い方にお勧め

    (158cm ~ 162cm位)

    LL (162~167cm)

    身長の高い方にお勧め

    (162cm ~ 167cm位)

    JL (167~172cm)

    とても身長の高い方に
    お勧め

    (167cm ~ 172cm位)

    EL (155~165cm)

    ふくよかな方にお勧め

    (155cm ~ 165cm位)

    借りたい日付から探す

    この条件で検索

    キーワード探す

    キーワードから検索できます
    例:桜

    この条件で検索

    振袖美人お見立てBOX

    「振袖ってどうやって選んでいいかわからない・・・」
    「お母さんのお下がりの着物、小物でかわいくアレンジできる??」
    あなただけに、プロがしっかりアドバイスします。
    「振袖美人お見立てBOX」は振袖選びでお困りのこと、お悩みなどどんなことでもご相談頂けるメールツールです。 納得するまで何度でも質問して下さい。

    ふりそでchouchouのセット内容

    着付けに必要な物が全て揃った安心のセット内容♪一度で全てが揃うので、 あとになって○○が足りない…!なんてこともありません! 振袖以外の21点のアイテムがセットになっています。

    ヘアアレンジ特集

    振袖を着たらヘアスタイルはどうしたらいいの??正統派・個性派・・・振袖にピッタリの最旬ヘアアレンジ&髪飾りを集めてみました♪

    お気に入りを共有

    便利な共有機能を使えば、離れて暮らしているご家族やお友達にだってあなたに合った振袖を見立ててもらうことができますよ♪

    レンタル振袖セットがどんなふうに届くのか事前に見れるので安心

    衣裳ケースを開けてみよう




    着物初心者さんでも安心。振袖のたたみ方やケースへのしまい方などを写真で解説

     


    足袋を履くのも初めてという方は見て下さいね

     

    振袖の着付けの手順 1

    お着付けの手順1

    着物(振袖)の着付けにはいろいろな流派や、やり方があります。

    ≪ここでは着付けのやり方ではなく、振袖セットに付いている付属品が着付けのどの場面で

    使われるものなのか、どんな役割があるのかを着付けの手順に沿ってご紹介します。≫

     

     

    振袖の着付け_1

    ●最初に【足袋】を履きます。履き方はこちら 

     

    襦袢姿 半衿

    ●肌襦袢(肌着)を着たらその上に【襦袢】を着ます。襦袢には【半衿】が最初から付いています。衿部分には【衿芯】を入れておきます。モデルさんは撮影用に刺繍半衿(販売品)を付けています。

     

    襦袢に腰紐を締める1

    ●襦袢を着てバストのやや下の位置で【腰紐】(1本目)を巻きます。後ろで交差させてから前に回し、腰紐を結びます。

     
                 
     

    襦袢に腰紐を締める2

    ●ここで余った紐は両脇の紐に引っ掛けておきます。

     

    襦袢に腰紐を締める3

    ●後ろの襦袢のシワも伸ばしておきましょう

     

    襦袢に腰紐を締める4

    ●襦袢の身丈が長い場合、ここで腰紐をもう1本(2本目)使用し襦袢をたくし上げます。

     
                 
     

    襦袢に伊達締めを締める1

    ●結んだ腰紐の上から【伊達締め】(1本目)を巻きます。

     

    襦袢に伊達締めを締める2

    ●後ろは交差した伊達締めを写真の様に折ります。

     

    襦袢に伊達締めを締める3

    ●前で結ぶ時は中心から少しずらして結びます。

     
                 
     

    襦袢に伊達締めを締める4

    ●腰紐と同様に余った伊達締めの端は脇の方へ挟んでおきましょう。

     

    振袖を羽織る 重ね衿

    ●振袖を羽織る際は【重ね衿】を事前に着物に縫い付けておきます。(縫いつけはプロの着付け師さんにお願致します)

     

    振袖の着丈を決める

    ●まず、着丈を決めます。

     
                 
     

    下前と上前の高さを決める

    ●振袖の下前と上前の高さが決まったら

     

    振袖に腰紐を締める1

    ●ここで【腰紐】(3本目)を使用します。

     

    振袖に腰紐を締める2

    ●同様に中心から少しずらして結びます。(※腰紐を使用せず【コーリンベルト】を使用されてもOKです。コーリンベルトを使用される場合はこちら

     
                 
     

    振袖のおはしょりを作る

    ●腰紐を巻いたら上身ごろのだぶついた部分のシワを伸ばしておはしょりを作っていきます。

     

    振袖の後ろ姿

    ●後ろはこんな感じ・・・

     

    振袖の衿元を整える

    ●まず、衿元・胸元を整えます。重ね衿はこの時に整えます。

     
                 
     

    振袖に腰紐を締める3

    ●次にバスト下で【腰紐】(4本目)を使用します。こちらも中心から少しずらして結びます。

     

    振袖に腰紐を締める4

    ●後ろのシワを取っていきます。

     

    振袖に腰紐を締める5

    ●だぶ付いた部分を上にあげ腰紐に引っ掛けて整えます。

     
                 
     

    振袖のおはしょりを整える2

    ●前のおはしょりの部分も中に手を入れてきれいに整えます。

     

    振袖の前姿

    ●前はこんな感じ・・・

     

    振袖の後ろ姿

    ●後ろはこんな感じ・・・

     
                 
     

    伊達締めを締める1

    ●帯の位置に【伊達締め】(2本目)を使用します。

     

    伊達締めを締める2

    ●中心からずらして結びます。

     

    伊達締めをした振袖姿1

    ●前姿・・・

     
                 
     

    伊達締めをした振袖姿2

    ●後ろ姿・・・

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ここまでで腰紐や伊達締めなど、たくさんの小物が登場しましたね、

    その全てがセットで付いているので安心です♬。

     

     

    次はいよいよ帯結び 次のページもご覧下さい(^u^)  →  続きはこちら

     

    刺繍半衿の販売ページはこちら。

    着物のたたみ方・ケースへのしまい方を詳しくご覧になりたい方はこちら

     

    お問い合わせ