成人式や卒業式などに振袖をレンタルするか購入するか!?【ふりそでchouchou】

イメージで探す

  • スイートガーリー
  • クール・グラマラス
  • ジャパントラッド
  • レトロモダン

カラーで探す

  • 赤・エンジ
  • 青・水色
  • ピンク
  • 白
  • 黒・グレー
  • 緑
  • 黄・クリーム
  • 紫
  • 茶
  • その他

    サイズで探す

    S (145~150cm)

    小柄な方にお勧め

    (145cm ~ 150cm位)

    M (150~158cm)

    一般的な方にお勧め

    (150cm ~ 158cm位)

    L (158~162cm)

    やや身長の高い方に
    お勧め

    (158cm ~ 162cm位)

    LL (162~167cm)

    身長の高い方にお勧め

    (162cm ~ 167cm位)

    JL (167~172cm)

    とても身長の高い方に
    お勧め

    (167cm ~ 172cm位)

    EL (155~165cm)

    ぽっちゃりの方にお勧め

    (155cm ~ 165cm位)

    借りたい日付から探す

    この条件で検索

    キーワード探す

    キーワードから検索できます
    例:桜

    この条件で検索

    振袖美人お見立てBOX

    「振袖ってどうやって選んでいいかわからない・・・」「お母さんのお下がりの着物、小物でかわいくアレンジできる??」あなただけに、プロがしっかりアドバイス。

    ふりそでchouchouのセット内容

    必要な物が全て揃った安心のセット内容♪一度で全てが揃うので、あとになって足りない…!なんてこともありません!

    ヘアアレンジ特集

    振袖を着たらヘアスタイルはどうしたらいいの??正統派・個性派・・・振袖にピッタリの最旬ヘアアレンジ&髪飾りを集めてみました♪

    お気に入りを共有

    便利な共有機能を使えば、離れて暮らしているご家族やお友達にだってあなたに合った振袖を見立ててもらうことができますよ♪

    成人式や卒業式に振袖をレンタルするか購入するか!?

    成人式でのマナー

        成人式は人生の大きな節目
    成人式は日本古来の4大儀式のひとつに数えられているほど重要で、成人になるということはとても重要な節目です。
    昔から、大切な時には正装することが常識ですから成人式などでは格式の高い振袖を皆さん着ています。
    振袖に対する知識をつけておくと、とても役に立ちますので重要なポイントは知っておいた方が良いかもしれません。
    また、結納や成人式での基本マナーもご紹介します。

    日本の成人を祝う儀礼は、古来より数々あります。

    男子の通過儀礼は『元服』(げんぷく)や『褌祝』(ふんどしいわい)があります。

    ●『元服』(げんぷく)・・・元は『頭』を指し、服は『着用』を表します。
                子供から大人の服へと改め、そして頭に冠を付ける通過儀礼です。

    ●『褌祝』(ふんどしいわい)・・・男児が生まれて初めて『褌』を締めることにより、
                   周りから成人になったと見なされる通過儀礼です。

    女子の通過儀礼には『裳着』(もぎ)や『結髪』(けっぱつ)などがあります。

    ●『裳着』(もぎ)・・・成人した女子に十二単を構成する着物である『裳』を初めて着せる通過儀礼です。

    ●『結髪』(けっぱつ)・・・女児の『髪を結い上げる事』で、子供から大人になる通過儀礼です。

    成人のお祝いをする国は世界を見ても多くなく、島国である日本の独自の文化と言えるでしょう。

    現在のような形式の成人式が日本で執り行われたのは、昭和21年(1946年)11月22日のことです。

    埼玉県蕨市(当時のの北足立郡蕨町)において『青年祭』が実施されました。
    当時は敗戦直後だったということもあり、希望を次世代を担う青年達に持って貰いたいという趣旨のもとに執り行われていました。
    この青年祭が全国へと広まったことがきっかけとなり、現在の成人式へと確立されていったのです。

    ちなみに、蕨市では現在も成人式ではなく『成年式』と呼ばれています。

    青年祭の国民への大きな影響を日本政府は認め、昭和24年(1949年)から、1月15日を成人の日として制定することになりました。
    現在では1月の第二月曜日がハッピーマンデーの制定により成人式へと変化しました。

    ちなみに、来年の新成人、2019年の成人式への参加対象に該当する人は、1998年(平成9年)4月2日生まれ~1999年(平成10年)4月1日生まれの方です。

    振袖の起源

    江戸時代に、現在における振袖とよばれる着物が誕生しました。
    若い女性が着る正装の和服の袖丈が、江戸時代前期に次第に長くなりました。
    どうして長くなったのかということについては諸説あります。

    以下に、2つの主な説をご紹介します。
    1)長い大きな振りができると、身振りを美しく見せるということで、
    徐々にお洒落を競ううちにどんどん長くなっていったという説。

    想像すると、おちゃめでかわいいですね。

    2)男性への好き・嫌いを長い袖で表現したという説です。
    好き嫌いを男性に告白されたり求婚された時に、言葉で伝えることがはしたないとされていたために、
    袖の振り方で好き・嫌いを伝えたという説。
    意思表示にある『振られた』という表現が上記の説からの由来となっているといわれています。

    昔から続いている表現だなんて何だか面白いですね。

    振袖が未婚女性の第一礼装になった理由

    『振る』という行為には、古来より呪術的な意味合いがあったとされています。
    神のご加護を祈り、厄を払うなど信じられていました。今でも神事などで『振る』行為を見かけると思われます。
    そして『袖を振る』行為は、未婚女性が意中の人を振り向かせたいと祈っていたといわれています。
    明治時代以降に、先ほどの歴史的な背景もあり未婚女性の第一礼装に振袖は定着していきました。

    成人式には人生の門出を祝い、より良縁を求める意味として女性が振袖を着ます。
    20歳の門出を祝う日である成人式には、様々な呼び方もありますが、何は兎も角、おめでたい日です。
    日本の文化と歴史を噛み締めながら、素敵な成人式をお過ごしください。

    そもそも振袖って?

    何気なく振袖を着用していますがそもそも振袖とはどんなものなのか?
    少しご説明したいと思います。

    元々は若い女性が着用する和服でした。

    『袂』(『振り』と呼ばれる長い袖)と、『振八つ口』(袂の身頃側を縫い付けていない開口部)、 『身八つ口』(身頃の脇にある開口部)の3つが振袖の特徴として挙げられます。

    デザインとしては、若々しく華やかな柄のものが多く、成人式や結婚式の花嫁衣装、またその参列者の衣装など、晴れの舞台に着用される着物となっております。

    未婚女性なら年齢にかかわらず、振袖は誰でも着用することができます。
    袖の長さによって着物としての格が変わり『大振袖』『中振袖』『小振袖』に分類されます。

    大振袖ってどんなもの?

    「大振袖」は「お引き」「お引きずり」「引き振袖」「引き振り」などとも呼ばれています。 未婚女性の第一礼装とされており、振袖の中でも、袖丈が114cm前後と最も格式が高いものとなっております。 今では省略されることが多くなりましたが、その昔は5つの家紋をかかげた『五つ紋』が正式でした。 色無地から大胆に模様をあしらった華やかなものまで、デザインも豊富です。 気品の中にも艶っぽさがある引きずるほどに長い袖丈は、凛とした美しさを演出します。

    大振袖の主な着用場面

    昔から婚礼衣装の定番であった「大振袖」は、現代でもお色直しの衣装として着用されています。 披露宴ではウエディングドレスの後、お色直しで和装となる大振袖を着用する「和洋折衷」のスタイルが人気です。 花嫁が振袖を着る際には、腰部分の布を折り込まないで裾を引いて着用する引き振袖にします。 大振袖は、花嫁の婚礼衣裳として今も変わらぬ人気を誇っています。

    中振袖について

    大振袖に次ぐ礼装で、袖丈の長さは100cm前後です。成人式でよくみられるものがこの「中振袖」にあたります。

    中振袖の主な着用場面

    成人式の晴れ着として着用されるのが『中振袖』の定番ですが、 披露宴やパーティーなどのお呼ばれのほかに、結納、卒業式などの場面にも適した振袖となっております。 マナーとしては、結婚式で中振袖を着る場合ですと、花嫁がお色直しで振袖を着る可能性もあるので、色合いなどがかぶらないよう、 事前に確認をしておきましょう。また、ヘアメイクは控え目にして花嫁よりも目立つことがないようにしましょう。

    小振袖について

    袖丈が85cm前後の『小振袖』は『二尺袖』とも呼ばれています。 振袖の種類の中でも一番袖が短いため、動きやすいのが特徴となっております。

    小振袖の主な着用場面

    『小振袖」』は大振袖や中振袖よりも袖が短く作られているため、『卒業袴』として着用するのにぴったりな振袖です。 かわいらしい雰囲気が、ほかの振袖に比べてあり、軽くて動きやすいことがメリットとなっております。

    結納で振袖を着る場合は?

    結納での女性の服装は「ワンピース」と「振袖」の2つに大きく分かれると思います。 それぞれのメリット・デメリットなどをご紹介します。

    振袖を着るメリット

    1.振袖を着る最後の機会

    そもそも振袖は未婚の女性しか着る事ができない正装です。
    (歌手など例外で着用しているケースもあります)

    結納は結婚するにあたってとても大切な行事です。

    卒業式や成人式で振袖を着る機会が無かった方にとっては最後の機会になります。
    「人生一度振袖を着てみたい!」
    という方にとっては結納で振袖を着ることは重要なポイントかもしれません。

    2.結納に適した服装

    1でもある通りに、結納はとても大切で格式の高い儀式です。
    振袖は格式の高い服装ですので、結納に出席するにはベストな服装ともいえます。

    3.ご両親に喜ばれる

    ご両親にとって娘さんの美しい姿を見ることはとても喜ばしいことです。
    写真撮影をしたりと一生の記念にもなります。

    ワンピースを着るメリット

    それではワンピースを着るメリットです。

    1.着慣れている

    普段から着る事が多いワンピース。
    結納では色々と体を動かすこともありますので振袖に比べて動きやすい服装です。

    2.ラインアップが沢山ある

    ワンピースならば様々なお店で売っていますし、元々お持ちのものもあると思います。
    かしこまったお店に行かなくとも気軽に購入できることはメリットですね。

    振袖を着るデメリット

    なかなか着る機会の無い振袖。
    どんなものが良いのか?とても悩みどことです。

    また、普段着慣れてませんからとても動きにくく慣れていない方にとっては大変疲れる服装です。

    ワンピースを着るデメリット

    着慣れているワンピースですが、ご家族によってはカジュアル過ぎて不快に感じてしまう方もいらっしゃると思います。
    振袖の場合、格式の高い服装ですからその点に関してはベストでしょう。

    どちらを着れば良いのか?決めてのポイント

    結納で振袖、ワンピースどちらを着ればいいのか?
    どちらもメリット、デメリットがありますので、ポイントをご紹介します。

    結納の形式や会場によって決める

    ご両家とも同じ考えでしたら相談して決めるということも良いと思いますが、しっかりとしか場所と結納をする場合形式に厳しいご家族もいらっしゃると思います。
    そんな場合は振袖を着るのがベストです。
    また、男性の服装に合わせるのも基本ですから男性に相談するのも良いでしょう。

    振袖レンタルのメリット・デメリット

    振袖はとても高価なので、一生に数回しか着ない場合であればレンタルの方がとてもリーズナブルです。
    ただし、レンタルの場合サイズや柄などのバリエーションが少なく気に入った振袖を着る事ができない場合があります。
    また、レンタル期間やオプションによっては数万円を超えるパターンもありますので慎重に検討しておきたいところです。

    振袖をどれくらい着るか?

    成人式や卒業式のみの為に振袖を購入するのかレンタルするかの大きな決め手は振袖の活用頻度となると思われます。

    振袖は最近の女性では成人式以外にも着る機会があることがあります。
    卒業式、友人や親戚などのの結婚式、初詣など様々なシーンで活用する可能性もあります。
    帯や小物のを変える事でイメージを変えることもできますので、購入も一つの手段かも知れません。

    ご家族によっては一生に一度の買い物だからとこだわりを持っている方もいらっしゃると思いますので、悩ましいところです。

    バリエーションやサイズ、高品質な振袖レンタル

    最近ではレンタル振袖の中でも様々なデザインやサイズオーダーメイド、小物など高品質な振袖をレンタルすることも可能になっています。 この機会に振袖のレンタルも視野に入れて吟味しご家族にご相談するのも良いかもしれませんね。

    【ふりそでchouchou】ピックアップ!

    ふりそでchouchouでは、低価格で、様々なデザインの振袖を選ぶことができます。

    通常のM・Lサイズ、小柄さんサイズ・長身さんサイズ・ふくよかさんサイズなどサイズラインナップもとても豊富です。
    また料金2万円以上なら全国送料無料でご対応いたします。

    ご着用当日の3日前にお届けしますし、4泊5日の余裕のあるレンタル期間を設けています。
    さらに、1月の成人式へ向けてのご利用の場合、12月初旬から最長で1ヶ月間のレンタルもお承っております。
    お着付けに必要な小物31点がそろう「一式セット」つきで、ご用意いただくのは肌着とタオルだけです。
    また、レンタル後の振袖はクリーニング不要で、そのままご返却いただくだけです。

    お問い合わせ